人事労務トピックス

  1. 「勤務間インターバル制度」普及率10%目標へ~厚労省報告書

    厚生労働省は先月21日、「勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会」の報告書を公表しました。この検討会は、平成29年5月から平成30年12月までに5回にわたり開催され、勤務間インターバル制度の導入メリットや課題、普及に向けた取組みなどについて検討されてきたものです。

    続きを読む
  2. 中小企業の経営改善の進め方 人事賃金制度の改革で企業の活性化を実現 評価制度の作成のための準備

    経営理念をいかに作り上げるか企業は経営理念を実現するための経営を行っており、人財成長型人事トータルシステムはそのために提唱している仕組みです。そこで、すべての土台となる経営理念の意義とその作り方を述べておきたいと思います。

    続きを読む
  3. 社労士が解説!労務問題 Q&A「休職」①

    休職とは、特定の労働者について労務に従事させることが不能または不適当な事由が生じた場合(私傷病、出向など)に、使用者がその労働者との労働契約関係は維持しながら、労務への従事を免除し、あるいは禁止することをいいます。

    続きを読む
  4. 中小企業の経営改善の進め方

    人事賃金制度の改革で企業の活性化を実現!企業の成長にともない重要経営課題は変化する企業が成長するにつれて、経営課題の重点項目は変化します。企業がスタートした段階では、経営理念・経営戦略や開発・生産、あるいはマーケティング・企業体制など「ビジネスを継続して回す仕組み」に力を注ぐ必要があります。

    続きを読む
  5. 社労士が解説!労務問題 Q&A「在宅勤務 」②

    在宅勤務は労働時間を算定することが難しいため、一定の要件を満たす場合は、労働基準法 38 条の 2 で規定する事業場外みなし労働時間制を適用することができます。ここにいう一定の要件は、以下のすべてを満たす必要があります。

    続きを読む
  6. 社労士が解説!労務問題 Q&A「在宅勤務 」

    在宅勤務は、労働時間の全部または一部について自宅で勤務する就業形態を指します。最近は情報通信技術を活用し、時間や場所に関係なく勤務するテレワークという働き方を取り入れる企業が増えています。

    続きを読む
  7. 管理者は「働き方改革」実現に向けてどのような スキル・能力を高めたいと思っているのか?

    管理者の「働き方改革」に対する意識調査とはこれは、一般社団法人日本能率協会が 2017 年5月~ 2018 年7月に行った管理者向けセミナー参加者を対象に、管理者としての「働き方改革」への意識についてアンケート調査を実施したものです。

    続きを読む
  8. 資格手当(平均・最高・最低)

    資格手当は業務に役立つ公的資格を所有する社員に対して支給する手当です。薬剤師、電気工事士など業務を行うために必須の資格や簿記、基本情報技術者など業務に役立つ資格に対し支給します。ある調査によると3割程度の会社が資格手当を支給しています。

    続きを読む
  9. 中小企業の経営改善の進め方【企業価値を高める「人財成長型人事トータルシステム」「やる気」を高める人事の仕組み】

    人財成長型人事トータルシステムは、従業員が日々仕事をしていることに対して、会社としてどのように報いる(リワード)かを、戦略的に設計するシステムです。そのため、「戦略リワードシステム」とも呼んでいます。戦略リワードシステムの全体像は、図1に挙げた図の通りです。

    続きを読む
  10. 社労士が解説!労務問題 Q&A「36協定」

    ほとんどの会社では残業や休日労働が行われていますが、法律上は、労使協定を結び、それを労働基準監督署に届け出ないと、時間外労働や休日労働をさせてはいけないことになっています。この労使協定が「36(サブロク)協定」と呼ばれるものです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る