人事労務トピックス

  1. 「災害への備え」、できていますか

    ◆企業に求められる「災害への備え」関東地方で地震が頻発しているというニュースに接し、改めて「災害への備え」について考えたという方も多いのではないでしょうか。

    続きを読む
  2. 高齢者の労働災害が増加しています! 改めて考えたい「高齢者が働きやすい職場づくり」

    ◆労災発生件数の4分の1は高齢者定年延長や、人手不足を背景として、働く高齢者が増えています。現在では、65歳以上の労働者は、労働力人口の12.8%を占めています。このような状況にあって、働く高齢者の労働災害が問題となってきました。

    続きを読む
  3. 下請取引適正化に向けた取組みと「下請け駆け込み寺」への相談

    中小企業庁では、下請取引の適正化に向けた取組みとして、平成28年9月に発表した「未来志向型の取引慣行に向けて」における3つの基本方針のもと、「価格決定方法の適正化」「コスト負担の適正化」「支払条件の改善」といった課題に重点をおいて、本来は親事業者が負担すべき費用等を下請事業者に押しつけることがないよ...

    続きを読む
  4. フリーランスとして働く人の実態と分析~内閣府の調査から

    多様で柔軟な働き方として、特定の組織等に属さず、独立して様々なプロジェクトに関わり自らの専門性等のサービスを提供するフリーランスへの関心が高まっています。内閣府は、日本の公的統計では初めてとなるフリーランスとして働く人の実態調査の結果とその分析についてまとめ、公表しました。

    続きを読む
  5. 交代制勤務に従事する労働者の「睡眠」について考えてみませんか

    ◆ご存じですか、「交代制勤務睡眠障害」工場や小売店、医療・介護現場等、交代制で勤務する労働者が増えています。厚生労働省によると、夜勤あるいは交代制勤務を採用する企業の割合は15~20%、深夜勤務者は全労働人口の8.6%に当たります。

    続きを読む
  6. 働く人の睡眠問題~睡眠不足は生産性を低下させる?

    ◆9月は健康増進普及月間です厚生労働省は、9月を「健康増進普及月間」と定め、生活習慣の改善の重要性について国民1人ひとりの理解を深め、さらにその健康づくりの実践を促進するためとして、啓発普及活動を全国的に行っています。今年は「睡眠」をテーマに、「睡眠啓発イベント」も開催するようです。

    続きを読む
  7. 緊急時に備え、事業継続計画(BCP)策定を

    ◆事業継続計画(BCP)とは 新型コロナウイルス感染症の流行により、企業活動に多大な影響が出ています。そんなとき役立つのが、事業継続計画(Business Continuity Plan。以下、BCP)です。

    続きを読む
  8. 「選考辞退」実態調査にみる企業の本音~エン・ジャパン調査より

    株式会社日本法令の「内定辞退セット」が売れていることについて、新聞やネット記事で多く取り上げられました。このツールによる内定辞退に賛否両論あるようですが、このような商品にニーズのあること自体が世の中の動向を表しているといえるでしょう。

    続きを読む
  9. 外国人従業員の採用予定、「なし」が大勢!?~大阪商工会議所調査

    ◆浸透には時間がかかるか大阪商工会議所が実施した調査では、70.3%の企業で、外国人従業員を「現在雇用しておらず、今後も採用予定はない」とのことです。

    続きを読む
  10. AIアプリで文字起こし業務が素早く簡単に

    ◆AIを利用した身近な業務改善「AI?うちはアナログだから関係ないよ」という方も少なくないかもしれません。しかし、「棚卸しのとき、長い商品名をパソコンに手入力している」「古い紙資料をデータ化するために手入力している」という状況は、身近に存在するのではないでしょうか。

    続きを読む
ページ上部へ戻る