人事労務トピックス

  1. 社労士が解説!労務問題 Q&A「在宅勤務 」

    在宅勤務は、労働時間の全部または一部について自宅で勤務する就業形態を指します。最近は情報通信技術を活用し、時間や場所に関係なく勤務するテレワークという働き方を取り入れる企業が増えています。

    続きを読む
  2. 管理者は「働き方改革」実現に向けてどのような スキル・能力を高めたいと思っているのか?

    管理者の「働き方改革」に対する意識調査とはこれは、一般社団法人日本能率協会が 2017 年5月~ 2018 年7月に行った管理者向けセミナー参加者を対象に、管理者としての「働き方改革」への意識についてアンケート調査を実施したものです。

    続きを読む
  3. 資格手当(平均・最高・最低)

    資格手当は業務に役立つ公的資格を所有する社員に対して支給する手当です。薬剤師、電気工事士など業務を行うために必須の資格や簿記、基本情報技術者など業務に役立つ資格に対し支給します。ある調査によると3割程度の会社が資格手当を支給しています。

    続きを読む
  4. 中小企業の経営改善の進め方【企業価値を高める「人財成長型人事トータルシステム」「やる気」を高める人事の仕組み】

    人財成長型人事トータルシステムは、従業員が日々仕事をしていることに対して、会社としてどのように報いる(リワード)かを、戦略的に設計するシステムです。そのため、「戦略リワードシステム」とも呼んでいます。戦略リワードシステムの全体像は、図1に挙げた図の通りです。

    続きを読む
  5. 社労士が解説!労務問題 Q&A「36協定」

    ほとんどの会社では残業や休日労働が行われていますが、法律上は、労使協定を結び、それを労働基準監督署に届け出ないと、時間外労働や休日労働をさせてはいけないことになっています。この労使協定が「36(サブロク)協定」と呼ばれるものです。

    続きを読む
  6. 中小企業の経営改善の進め方

    人財成長型人事トータルシステム 高い企業価値に向けた人事戦略『企業活動』は次のように定義付けることができます。「変転する市場と顧客の要求を見極めて、それに合わせてわが社を変革する活動」これを言い換え、人財価値を高めるテーマを加えると次のようになります。

    続きを読む
  7. 社労士が解説!労務問題 Q&A「定額残業代」

    定額残業代(固定残業代)制度とは、毎月の残業代(割増賃金)を定額で支払う制度を意味します。割増賃金は原則として、一賃金計算期間内に発生した時間外・休日・深夜労働の実労働時間を計算し、それに割増賃金の時間単価を乗じることによって算出します。

    続きを読む
  8. 社員の「やる気」の構造 従業員の「誇り」が企業価値を高める

     20 世紀を代表する経済学者ジョン・ケネス・ガルブレイスは「文化とは、一人ひとりの人間の拠って立つ基盤を、お互いに尊重しながら『みんな幸せになっていこう』という人類特有の祈りであり、営みである」としています。私は、ガルブレイスのこの思いが、そのまま企業組織に当てはまると考えています。

    続きを読む
  9. 社労士が解説!労務問題 Q&A「退職勧奨」

    退職勧奨は、使用者が労働者の自発的な退職を働きかけるための説得行為であり、それを受けるか否かは対象とされた労働者の自由です。実務上、退職勧奨は、不況時の人員削減策やいわゆる問題社員に対する自主退職を促す策などとして行われることが一般的です。

    続きを読む
  10. 社員の「やる気」と企業ミッションの連動

     従業員 1 人ひとりが「やる気」で満たされ、社内が活性化していく。こうした組織体を作り上げるためには何が必要でしょうか?各人の「やる気」と企業ミッションを連動させる。この取り組みが必要不可欠です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る