人事労務トピックス

  1. 存在が認知されていないことも! 「産業医」、活用できていますか?

    ◆労務管理上の課題解決の要となる「産業医」2016年の改正がん対策基本法により、企業はがんに罹患した労働者の就労への配慮が求められています。

    続きを読む
  2. 「過半数代表」に注意!~労働政策研究・研修機構の調査より

    ◆労使協定と過半数代表労働組合の組織率は年々低下傾向にあるようですが、働き方改革法の成立・施行に伴い、労使協定の重要性が増す中、「過半数代表」については注意が必要です。

    続きを読む
  3. 中小企業の半数が「継続雇用65歳超義務化」に反対~日商・東商調査

    ◆中小企業の「リアル」を調査日本・東京商工会議所は、「働き方改革関連法への準備状況等に関する調査」と併せ、「高齢者雇用の拡大に関する調査」の結果を公表しています(調査対象:全国の中小企業2,881社、調査期間:2018年10月22日~12月3日)2019年1月9日、日本・東京商工会議所は昨年10...

    続きを読む
  4. 「働き方改革関連法」実際の認知度はまだ低い?~日商・東商調査

    ◆働き方改革関連法の実際の認知度はまだ低い?本年4月から順次施行される働き方改革関連法の施行に向けて、企業でも対応への取組みを始めているところは多いでしょう。一方で、法律の内容や施行時期を知らないという企業もまだ多いようです。

    続きを読む
  5. インターンシップに参加する学生が増加しています!

    内閣府から、平成30年度卒業・修了予定の大学生および大学院生を対象にした調査「学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査(平成30年度)」の結果が出されました。今回は、その中のインターンシップについて、取り上げます。

    続きを読む
  6. 「毎月勤労統計」不適切調査で過少給付延べ1,973万人、567億円

    厚生労働省の「毎月勤労統計」の調査手法が誤っていたことが失業給付などの過小給付につながったとして、大きな問題になっています。毎月勤労統計は、従業員の給与の変化などを把握する目的で実施されています。調査対象は、全国の従業員5人以上の事業所。

    続きを読む
  7. 組合数は減少、組合員数はパート労働者で大幅増加~厚労省基礎調査

    ◆労働組合数と組合員数 厚生労働省が公表した平成30年「労働組合基礎調査」の結果によると、平成30年6月30日現在、単一労働組合は24,328組存在しており、組合員数は1,007万人で、前年と比べると組合自体は137減っているのに対し、組合員数は8万8,000人増えています。

    続きを読む
  8. 「勤務間インターバル制度」普及率10%目標へ~厚労省報告書

    厚生労働省は先月21日、「勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会」の報告書を公表しました。この検討会は、平成29年5月から平成30年12月までに5回にわたり開催され、勤務間インターバル制度の導入メリットや課題、普及に向けた取組みなどについて検討されてきたものです。

    続きを読む
  9. 中小企業の経営改善の進め方 人事賃金制度の改革で企業の活性化を実現 評価制度の作成のための準備

    経営理念をいかに作り上げるか企業は経営理念を実現するための経営を行っており、人財成長型人事トータルシステムはそのために提唱している仕組みです。そこで、すべての土台となる経営理念の意義とその作り方を述べておきたいと思います。

    続きを読む
  10. 社労士が解説!労務問題 Q&A「休職」①

    休職とは、特定の労働者について労務に従事させることが不能または不適当な事由が生じた場合(私傷病、出向など)に、使用者がその労働者との労働契約関係は維持しながら、労務への従事を免除し、あるいは禁止することをいいます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る