高橋 邦名(たかはし くにかた)の記事一覧

  1. 「ビデオ会議に関する意識調査」~SB C&S株式会社調査より

    ◆調査概要 SB C&S株式会社(以下「SB C&S」)が、新型コロナウイルス感染症の拡大によりテレワークを導入する企業の急増に伴い、仕事でビデオ会議を利用する機会がある人を対象に「ビデオ会議に関する意識調査」を実施し、その結果を公表しました。

    続きを読む
  2. 国税庁が年末調整ソフトの提供を開始

    ◆年末調整の電子化に向けた取組み 企業と従業員双方の事務処理の負担軽減を目的とした年末調整手続きの電子化に向けた取組みにより、令和2年分の年末調整から、生命保険料控除、地震保険料控除および住宅借入金等特別控除に係る控除証明書等について、勤務先への電子データによる提出が可能になりました。

    続きを読む
  3. 1月の税務と労務の手続[提出先・納付先]

    12日○源泉徴収税額(※)・住民税特別徴収税額の納付[郵便局または銀行]※ただし、6ヶ月ごとの納付の特例を受けている場合には、令和2年7月から12月までの 徴収分を1月20日までに納付○雇用保険被保険者資格取得届の提出<前月以降に採用した労働者がいる場合>[公共職業安定所]2...

    続きを読む
  4. 対象事業場の約半数で違法残業を確認~令和元年度監督指導結果より

    ◆15,593事業場で違法な時間外労働確認9月8日、厚生労働省は令和元年度の長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果を公表しました。

    続きを読む
  5. 12月の税務と労務の手続[提出先・納付先]

    10日○源泉徴収税額・住民税特別徴収税額の納付[郵便局または銀行]○雇用保険被保険者資格取得届の提出<前月以降に採用した労働者がいる場合>[公共職業安定所]○特例による住民税特別徴収税額の納付[郵便局または銀行]31日○健保・厚年保険料の納付[郵便局または銀行]○健康...

    続きを読む
  6. コロナ禍の年末年始を 無災害で過ごすために確認しておきたいこと

    ◆コロナ禍の年末年始今年も年の瀬が近づいてきました。大掃除や機械設備の保守点検・再稼働等の準備を始めた事業所も多いのではないでしょうか。仕事に追われる年末は、慌ただしさから労働災害が増加します。

    続きを読む
  7. 就職氷河期世代に限定した求人がハローワーク以外でも可能に

    ◆ハローワーク以外での求人が可能に厚生労働省は、労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律施行規則の一部を改正する省令を改正し、2023(令和5)年3月31日までの3年間、就職氷河期世代(35歳以上55歳未満)の安定した雇用を促進するため、年齢層を制限した求人...

    続きを読む
  8. ウィズコロナ時代の忘年会

    ◆どうする? 今年の忘年会間もなく忘年会のシーズン。例年であれば、メンバーに声をかけて日程を調整したり、場所の選定をしたりという頃合いかもしれません。しかし、今年は新型コロナウイルス感染症拡大により、例年通りとはいきそうにありません。

    続きを読む
  9. 来年4月1日施行! 気になる同一労働同一賃金の取組みと賃金の動向について

    ◆「同一労働同一賃金」とは? 同一企業における、いわゆる正社員と非正規社員(有期雇用労働者、パートタイマー、派遣労働者)の間の不合理な待遇差の解消を目指し、基本給や賞与などあらゆる待遇について不合理な待遇差を設けることが禁止されます。

    続きを読む
  10. 技能継承がうまくいっている/いっていない企業の特徴

    ◆約8割の企業が不安に感じているものづくり産業では、約8割の企業で将来の技能継承について不安を抱えています。(独)労働政策研究・研修機構の調査によると、大多数の企業では技能継承を重要と認識するものの、うまくいっている企業は半数弱との結果が出ています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る