高橋 邦名(たかはし くにかた)の記事一覧

  1. 外国人労働者が感じた「働きにくさ」の理由~マイナビ「在日外国人へのアルバイト意識調査」

    在日外国人の日本におけるアルバイトに対する意識を明らかにすることを目的とした調査が行われています(「在日外国人へのアルバイト意識調査」株式会社マイナビ)。

    続きを読む
  2. 夏は交通事故の発生件数が増加! 改めて確認しておきたい企業の各種責任

    ◆交通事故の発生が多い「7月」 交通事故の発生が最も多いのは12月、次いで7月です。いずれも長期休暇のタイミングで交通量が増加することが一因と考えられますが、特に7月は、「天候」も事故の大きな要因となります。梅雨や台風など、夏特有の天候の急変に注意が必要です。

    続きを読む
  3. 電話対応を軽んじるなかれ~エン・ジャパン調査

    ◆電話対応でイメージダウンエン・ジャパン株式会社が実施した「アルバイト応募先の対応」に関するアンケート調査によると、「アルバイト応募先の対応によってイメージが変わった」との回答が6割を超えたそうです。

    続きを読む
  4. 企業は妊婦、産後ママにどう接するべきなのか~赤ちゃんの部屋調査

    ◆3人に1人がマタハラを受けているパパとママのためのメディア「赤ちゃんの部屋」が、出産経験のある女性に「妊産婦の働き方と会社の取り組み」に関する調査を行いました。調査の結果、「マタハラを受けたことがある、受けたかもしれない」と答えた女性は33.8%となり、約3人に1人がマタハラを受けていました。

    続きを読む
  5. 中途採用者の定着率は?~エン・ジャパン調査

    ◆人手不足の状況が続く中……人手不足の状況が続く中、求人募集しても、「良い人からの応募がない」、「そもそも応募が全然来ない」という企業も多いようです。一方で、たとえ良い人材を採用できたとしても、離職率が高ければ、なかなか企業の人手不足の問題は改善されません。

    続きを読む
  6. 近い将来「VRオフィス」は新しい職場となるのか

    ●「VR」「VR」とは、Virtual Reality「バーチャルリアリティ」(仮想現実)の略語です。

    続きを読む
  7. 異動・配属の疲れが出てくる?「6月病」のサインと対処法

    ◆最近のビジネスパーソンに多い「6月病」 新しい環境に適応しようと心身に緊張からくるストレスが溜まり、不調を感じる人が増えることは、いわゆる「5月病」として有名です。しかし近年、ビジネスパーソンには学生とは時期がずれて同じような不調を感じる人が増え、「6月病」といわれています。

    続きを読む
  8. 新卒採用者の3年以内の離職率、平成30年は31.8%

    ◆ゴールデンウィーク明けは早期離職の時期?例年、5月の大型連休後は、新社会人など若手が新しい環境に適応できずうつ病のようになってしまう、いわゆる「5月病」の時期とされています。

    続きを読む
  9. 5月の税務と労務の手続[提出先・納付先]

    10日○ 源泉徴収税額・住民税特別徴収税額の納付[郵便局または銀行]○ 雇用保険被保険者資格取得届の提出<前月以降に採用した労働者がいる場合>[公共職業安定所]○ 労働保険一括有期事業開始届の提出<前月以降に一括有期事業を開始している場合>[労働基準監督署]15日○ ...

    続きを読む
  10. 出退勤時に打刻しない勤怠管理の最新動向

    ◆PCの起動・終了ログなどから労働時間を予測する勤怠管理のクラウドサービスソフトウェア開発の株式会社ソニックガーデンは4月1日、自社が提供する月額制の“打刻レス”勤怠管理ツール「ラクロー」が、労働基準法の「賃金台帳への労働時間記載」(同法108条および施行規則54条)と、改正労働安全衛生法の「...

    続きを読む
ページ上部へ戻る