ブログ

管理者は「働き方改革」実現に向けてどのような スキル・能力を高めたいと思っているのか?

管理者の「働き方改革」に対する意識調査とは

これは、一般社団法人日本能率協会が 2017 年5月~ 2018 年7月に行った管理者向けセミナー参加者を対象に、
管理者としての「働き方改革」への意識についてアンケート調査を実施したものです。

調査結果の概要

1 自社の働き方改革の取組み

各社の取組みについて、【進んでいる】【進んでいない】【今後の課題】の3つで評価されています。働き方改革の取組みで【進んでいる】として上位にあがったのは、「有給休暇の取得奨励」(62.2%)、「自身の有給休暇の取りやすさ」(49%)、「部下との活発なコミュニケーション」(47.6%)、「部署内のチームワークの活性化」(46.2%)、「上司との活発なコミュニケーション」(44.8%)と、有休およびコミュニケーションに関することでした。 一方で、【進んでいない】として上位にあげられたのは、「会議・打合せ時間の短縮」(50.3%)、「福利厚生の充実化」(49.7%)、「研究・開発・発生・営業への積極的なリソースの投入」(46.9%)、「業務へのIT技術(RPAやAIなど)の活用」(42.0%)、「構造改革への取組み」(41.3%)と、業務改善や技術投資・施策に関することでした。

2 身に付けたいスキル・能力について

働き方改革の実現のためにどのようなマネジメントに関するスキル、能力を高めたいかという 質問について、【人の領域】と【業務の領域】についての回答です。【人の領域】については、「コミュニケーション力」が 57 件と圧倒的に多く、「人材育成」「傾聴力」 がともに6件でした。また、【業務の領域】については、「業務改善・効率化」(22 件)が最も多 く、次いで「マネジメント力」(15 件)、「計画・スケジューリング」(8件)、「業務遂行力」(8 件)でした。

3 働き方改革で実現したいことについて

多様な働き方をする従業員をマネジメントする管理職とし て、どのような働き方改革を実現したいかという質問に対し ては、「業務改善・生産性向上に関すること」(11 件)、「休暇 に関すること」(10 件)、「残業削減に関すること」(7件)と いう回答が多くありました。

質問に対する多数回答
・業務改善・生産性向上に関すること 11 件
・休暇に関すること 10 件
・残業削減に関すること 7件
The following two tabs change content below.

高橋 邦名(たかはし くにかた)

(株)高橋賃金システム研究所 代表取締役/多摩労務管理事務所 代表。 社会保険労務士。賃金体系を専門に、労務管理制度の策定から定着、人材の開発・育成という従業員を活かす『活人コンサルティング』をテーマに活動し、人事から経営を支援する。セミナー講演多数。「『社長、やりましょう!』と社員が言いだす経営」(H&I)、「CSR時代のミッションマネジメント」(泉文堂)、「人を活かせば、企業はまだ伸びる」(鳥影社)他多数。

関連記事

顧問先様ログイン

セミナーのご案内
現在開催予定のセミナーはございません。

自動見積り3分間セミナーダイジェスト版各セミナー動画につきましては、顧問様先専用ページにてフルバージョンをご覧いただけます。

人事労務NEWS

お問い合わせ

対応エリア

弁護士 向井蘭

SRPⅡ認証


一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
プライバシーマーク認定
■登録番号:第10840663(1)号
■事業者の名称及び所在地
株式会社高橋賃金システム研究所
東京都八王子市寺町1-1

ページ上部へ戻る