ブログ

  1. メンタル疾患に対応した休職規定(1)

    昨今、企業経営において社員のメンタルヘルスをめぐるトラブルが増えています。そこで、就業規則の休職規定の見直しが重要な課題といえます。

  2. 就業規則とは(3)

    就業規則づくりのルールとは労働基準法は、会社が従業員を雇用するときには、「賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない」としています。

  3. 就業規則とは(2)

    人を活かすためのツールでもある一方で就業規則とは、経営ミッションのもとで協働していくための行動基準を明示し、経営ビジョンがブレークダウンされた組織のあり方とその仕組み、行動ルールを示すものでもあります。社員がやってはならないこと、やらなければならないことを明確にします。

  4. 就業規則とは(1)

    リスク回避のために不可欠就業規則について詳細に説明していきます。就業規則は「会社の憲法」ともいわれますが、そういわれるだけの重要性を持っていると、多くの企業の人事労務問題を見てきた経験を通して実感しています。労務問題は経営上、会社に大きなリスクをもたらします。

  5. いま、中小企業がとるべき人材戦略とは (4)中小企業は及第点の社員を教育し、定着させる時代

    それでは、中小企業はどう対処すべきか。及第点ではない人材をいかに及第点レベルまで引き上げて使うか、という視点が必要となります。たとえば10点満点で2、3点の人材を採用し、その後の教育、人材育成によって6、7点の水準に引き上げていく。これが、中小企業が今とるべき人事戦略なのです。

  6. いま、中小企業がとるべき人材戦略とは (3)構造的な人材難の時代が到来

    かつての高度成長時代は、人口の増加が日本経済の成長を支える重要な要素となりました。しかし、GDPは消費の総和であり、いまや、少子高齢化に伴う労働人口の減少がGDPの縮小を招く情勢となっています。こうした中、中小企業こそ人材を育成する取り組みが重要性を増しています。

  7. いま、中小企業がとるべき人材戦略とは (2)永続する企業、卓越する企業の成功の秘密

    世界経済の枠組みが変わり、経営環境が大きく変化する中にあって、企業が価値を創造するためには、従来の有形資産のみならず、経営者のリーダーシップ、イノベーション能力、「人財」の質、組織力、顧客とのネットワーク、ブランドなど、目に見えない「知的資産」が重要性を増しています。

  8. いま、中小企業がとるべき人材戦略とは (1)従来型の人事戦略システムが通用しない

    人づくりというテーマに絞り、人事に特化した話をしていきます。いま、少子高齢化で労働人口の減少が続く中、多くの企業が人材の募集難に悩まされています。そして、社員の定着性をいかに上げるかというテーマが、中小企業がクリアすべき経営上の課題として浮上しています。なぜそうなったのか。

  9. ストレスチェック実施において会社が気をつけること

    ストレスチェック制度は、労働者の個人情報が適切に保護され、不正な目的で利用されないようにすることで、労働者も安心して受け、適切な対応や改善につなげられる仕組みですそこで、企業には「プライバシーの保護」「不利益取扱いの防止」が義務付けられます。

  10. ストレスチェックの具体的な進め方 (4)職場分析と職場環境の改善

    ストレスチェック制度では、ストレスチェック結果に基づく集団ごとの集計・分析と職場環境の改善を図ることが努力義務とされています。 ストレスチェックの結果を職場や部署単位で集計・分析することにより、高ストレスの労働者が多い部署が明らかになります。

顧問先様ログイン

セミナーのご案内
平成30年6月12日(火) 開催
労基署から指摘されないための「労働時間管理と残業対策」セミナー


平成30年6月20日(水) 開催
【立川商工会議所 中小企業相談所】
社員が集まり、定着する賃金制度・賞与制度のつくり方


平成30年6月25日(月) 開催
【りそな総研セミナー】
労基署から指摘されないための「労働時間管理と残業対策」セミナー


自動見積り3分間セミナーダイジェスト版各セミナー動画につきましては、顧問様先専用ページにてフルバージョンをご覧いただけます。

人事労務NEWS

お問い合わせ

対応エリア

弁護士 向井蘭

SRPⅡ認証

ページ上部へ戻る