人事労務トピックス

  1. 働くママを応援!職場の搾乳室設置

    ◆産後早期に復帰する女性が増加 産後1年以内に職場復帰する女性が増加しています。約半数の世帯が夫婦共働きといわれる現在では、育児と仕事を両立するために、育児休業を早めに切り上げる方が多いようです。

    続きを読む
  2. 子の看護休暇・介護休暇~時間単位での取得が可能に

    ◆施行は2021年1月「病院に寄ってから出勤したいけれど、半日の休みは必要ない……」「急な迎え要請で少しだけ早く帰りたい……」、そんな育児や介護を行う労働者が子の看護休暇や介護休暇を柔軟に取得できるよう、育児・介護休業法施行規則等が改正され、時間単位で取得できるようになりました。

    続きを読む
  3. 男女の地位はどれほど平等か~男女共同参画社会に関する世論調査より

    内閣府は、全国の市区町村に居住する満18歳以上の日本国籍を有する者に対して様々な世論調査を行っています。今回は、男女共同参画社会に関する意識について、令和元年9月に出た調査結果の一部をまとめます。注)本記事では、以下のように略します。

    続きを読む
  4. オフピーク通勤を導入しませんか?

    ◆東京都がポイント付与の実証実験東京都が、三菱総合研究所と組んで、時差通勤した人に独自のポイントを付与する実証実験を行います。ポイントの名称は「東京ユアコイン」。

    続きを読む
  5. 「災害への備え」、できていますか

    ◆企業に求められる「災害への備え」関東地方で地震が頻発しているというニュースに接し、改めて「災害への備え」について考えたという方も多いのではないでしょうか。

    続きを読む
  6. 高齢者の労働災害が増加しています! 改めて考えたい「高齢者が働きやすい職場づくり」

    ◆労災発生件数の4分の1は高齢者定年延長や、人手不足を背景として、働く高齢者が増えています。現在では、65歳以上の労働者は、労働力人口の12.8%を占めています。このような状況にあって、働く高齢者の労働災害が問題となってきました。

    続きを読む
  7. 下請取引適正化に向けた取組みと「下請け駆け込み寺」への相談

    中小企業庁では、下請取引の適正化に向けた取組みとして、平成28年9月に発表した「未来志向型の取引慣行に向けて」における3つの基本方針のもと、「価格決定方法の適正化」「コスト負担の適正化」「支払条件の改善」といった課題に重点をおいて、本来は親事業者が負担すべき費用等を下請事業者に押しつけることがないよ...

    続きを読む
  8. フリーランスとして働く人の実態と分析~内閣府の調査から

    多様で柔軟な働き方として、特定の組織等に属さず、独立して様々なプロジェクトに関わり自らの専門性等のサービスを提供するフリーランスへの関心が高まっています。内閣府は、日本の公的統計では初めてとなるフリーランスとして働く人の実態調査の結果とその分析についてまとめ、公表しました。

    続きを読む
  9. 交代制勤務に従事する労働者の「睡眠」について考えてみませんか

    ◆ご存じですか、「交代制勤務睡眠障害」工場や小売店、医療・介護現場等、交代制で勤務する労働者が増えています。厚生労働省によると、夜勤あるいは交代制勤務を採用する企業の割合は15~20%、深夜勤務者は全労働人口の8.6%に当たります。

    続きを読む
  10. 働く人の睡眠問題~睡眠不足は生産性を低下させる?

    ◆9月は健康増進普及月間です厚生労働省は、9月を「健康増進普及月間」と定め、生活習慣の改善の重要性について国民1人ひとりの理解を深め、さらにその健康づくりの実践を促進するためとして、啓発普及活動を全国的に行っています。今年は「睡眠」をテーマに、「睡眠啓発イベント」も開催するようです。

    続きを読む

顧問先様ログイン

セミナーのご案内

12月8日(火)・15日(火)・16日(水)開催
(初級編)中小企業2021年4月施行!「同一労働同一賃金」対策セミナー

自動見積りラクパンダ

人事労務NEWS

お問い合わせ

対応エリア

弁護士 向井蘭

SRPⅡ認証


一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
プライバシーマーク認定
■登録番号:第10840663(1)号
■事業者の名称及び所在地
多摩労務管理事務所
東京都八王子市寺町1-1

ページ上部へ戻る