企業の残業代問題対策

企業に求められているのは、正確な知識・理解による早急な対策です。

1.新しい残業基準が施行されました
 
過労死などの一因となっている長時間労働の抑制に向けて、残業時間の長さに応じて残業代割増率を引き上げる改正労働基準法が2008年12月に成立しました。2010年4月の施行です。
 

2.過去に会社側が正確な知識を持っていなかったために残業問題を抱えてしまっている現状
 
事態を深刻化させないために、 専門家のアドバイスによる対応が求められます。
残業代を含む賃金の時効は 2 年です。対策を打たない場合、未払い残業代のリスクを蓄積していくことになります。

明確な人事制度の確立や就業規則の改訂、雇用契約の変更で多くは十分に回避できます。
%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%81%ae%e6%ae%8b%e6%a5%ad%e4%bb%a3%e5%95%8f%e9%a1%8c%e5%af%be%e7%ad%96

当社会保険労務士事務所は、多摩地域を中心に東京・神奈川地域で残業問題対処をはじめ、人事制度構築など1000 社以上のコンサルティング実績がございます。まずは当事務所に、 どんなことでもご相談ください。

%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%81%ae%e6%ae%8b%e6%a5%ad%e4%bb%a3%e5%95%8f%e9%a1%8c%e5%af%be%e7%ad%962

 

法人様限定 労務問題解決ダイヤル

フリーダイヤル 0120-675-606
平日 9:00~18:00(夜間・休日応相談)
メールでのお問い合わせはこちら

その他
 

就業規則等の作成及び変更>>

関係官庁の各種調査立会>>

 

ページ上部へ戻る