各種助成金の申請

助成金を受給するためには、まず何よりも情報を得ることが重要となるわけですが、通常の業務に追われ、調べる暇がないと悩んでいらっしゃる企業様が多いのではないかと感じます。
さらに、助成金を受給するためには就業規則の整備・各種帳簿の整備・解雇者を出していないこと・提出期限の厳守など、助成金の種類によってさまざまな制限が課せられます。
当社では、貴社に合った助成金の情報提供と申請準備・申請・受給まで、トータルにサポートいたします。

●おすすめの助成金

1.キャリアアップ助成金

(1)有期契約労働者等の正規雇用労働者・多様な正社員等への転換等を助成する「正社員化コース」

【助成金の額】( )は大企業

①有期→正規:1人当たり60万円(45万円)
②有期→無期:1人当たり30万円(22.5万円)
③無期→正規:1人当たり30万円(22.5万円)
④有期→多様な正社員(勤務地・職務限定、短時間正社員):1人当たり40万円(30万円)
⑤無期→多様な正社員:1人当たり10万円(7.5万円)
⑥多様な正社員→正規:1人当たり20万円(15万円)

※派遣労働者を派遣先で正規雇用等として直接雇用する場合、
①③1人当たり30万円(中小企業以外も同額)加算 ④⑤1人当たり15万円(中小企業以外も同額)加算

※母子家庭の母等又は父子家庭の父の場合、若者雇用促進法に基づく認定事業主が35歳未満の者を転換等した場合
①1人当たり10万円(中小企業以外も同額)加算 ②~⑤5万円(中小企業以外も同額)加算

※ 勤務地・職務限定正社員制度を新たに規定した場合、④⑤1事業所当たり10万円(7.5万円)加算

(2)有期契約労働者等に対する職業訓練を助成する「人材育成コース」
(3)有期契約労働者等の賃金規定等の改定、健康診断制度の導入、賃金規定等の共通化、週所定労働時間を延長し、社会保険加入ができるようにすることを助成する「処遇改善コース」

 

 

年金相談・再雇用賃金シミュレーション>>

 

 

ページ上部へ戻る