人事労務トピックス

  1. 就業規則とは(1)

    リスク回避のために不可欠就業規則について詳細に説明していきます。就業規則は「会社の憲法」ともいわれますが、そういわれるだけの重要性を持っていると、多くの企業の人事労務問題を見てきた経験を通して実感しています。労務問題は経営上、会社に大きなリスクをもたらします。

  2. いま、中小企業がとるべき人材戦略とは (4)中小企業は及第点の社員を教育し、定着させる時代

    それでは、中小企業はどう対処すべきか。及第点ではない人材をいかに及第点レベルまで引き上げて使うか、という視点が必要となります。たとえば10点満点で2、3点の人材を採用し、その後の教育、人材育成によって6、7点の水準に引き上げていく。これが、中小企業が今とるべき人事戦略なのです。

  3. いま、中小企業がとるべき人材戦略とは (3)構造的な人材難の時代が到来

    かつての高度成長時代は、人口の増加が日本経済の成長を支える重要な要素となりました。しかし、GDPは消費の総和であり、いまや、少子高齢化に伴う労働人口の減少がGDPの縮小を招く情勢となっています。こうした中、中小企業こそ人材を育成する取り組みが重要性を増しています。

  4. いま、中小企業がとるべき人材戦略とは (2)永続する企業、卓越する企業の成功の秘密

    世界経済の枠組みが変わり、経営環境が大きく変化する中にあって、企業が価値を創造するためには、従来の有形資産のみならず、経営者のリーダーシップ、イノベーション能力、「人財」の質、組織力、顧客とのネットワーク、ブランドなど、目に見えない「知的資産」が重要性を増しています。

  5. いま、中小企業がとるべき人材戦略とは (1)従来型の人事戦略システムが通用しない

    人づくりというテーマに絞り、人事に特化した話をしていきます。いま、少子高齢化で労働人口の減少が続く中、多くの企業が人材の募集難に悩まされています。そして、社員の定着性をいかに上げるかというテーマが、中小企業がクリアすべき経営上の課題として浮上しています。なぜそうなったのか。

  6. ストレスチェック実施において会社が気をつけること

    ストレスチェック制度は、労働者の個人情報が適切に保護され、不正な目的で利用されないようにすることで、労働者も安心して受け、適切な対応や改善につなげられる仕組みですそこで、企業には「プライバシーの保護」「不利益取扱いの防止」が義務付けられます。

  7. ストレスチェックの具体的な進め方 (4)職場分析と職場環境の改善

    ストレスチェック制度では、ストレスチェック結果に基づく集団ごとの集計・分析と職場環境の改善を図ることが努力義務とされています。 ストレスチェックの結果を職場や部署単位で集計・分析することにより、高ストレスの労働者が多い部署が明らかになります。

  8. ストレスチェックの具体的な進め方 (3)医師による面接指導

    ストレスチェック結果で「医師による面接指導が必要」とされた社員から申し出があった場合、医師に依頼して面接指導を実施する必要があります。社員からの申し出は結果が通知されてから1か月以内に行う必要があります。医師による面接指導も申し出があってから1か月以内に行う必要があります。

  9. ストレスチェックの具体的な進め方 (2)ストレスチェックの実施手順

    ストレスチェックの実施手順について説明します。 質問票を従業員に配布し、記入してもらう ストレスチェックの質問票は以下の3つの種類の質問が含まれていれば、特に指定はありません。国が推奨する57項目の「職業性ストレス簡易調査票」を使うこともできます。

  10. ストレスチェックの具体的な進め方 (1)導入前の準備

    ストレスチェック制度の導入に向けた準備についてお伝えします。 まず最初に、導入に向けた準備段階として、会社として「メンタルヘルス不調の未然防止のためにストレスチェックを実施する」旨の方針を示します。

ページ上部へ戻る