ブログ

ストレスチェックの具体的な進め方 (4)職場分析と職場環境の改善

ストレスチェック制度では、ストレスチェック結果に基づく集団ごとの集計・分析と職場環境の改善を図ることが努力義務とされています。
 
ストレスチェックの結果を職場や部署単位で集計・分析することにより、高ストレスの労働者が多い部署が明らかになります。この結果をもとに職場改善を図り、職場のストレスの低減につなげます。

ストレスチェックの実施者に、ストレスチェック結果を一定規模の集団(部、課、グループなど)ごとに集計・分析してもらい、その結果を提供してもらいます。

集団ごとに質問票の項目ごとの平均値などを求めて、比較するなどの方法で、どの集団がどういったストレスの状況なのかを調べます。集計・分析結果を踏まえて、職場環境の改善を行います。

関連記事

ページ上部へ戻る