ブログ

ストレスチェックの具体的な進め方 (2)ストレスチェックの実施手順

ストレスチェックの実施手順について説明します。

  1. 質問票を従業員に配布し、記入してもらう
    ストレスチェックの質問票は以下の3つの種類の質問が含まれていれば、特に指定はありません。国が推奨する57項目の「職業性ストレス簡易調査票」を使うこともできます。ITシステムを利用して、オンラインで実施することも可能です。
      ① ストレスの原因に関する質問項目
      ② ストレスによる心身の自覚症状に関する質問項目
      ③ 労働者に対する周囲のサポートに関する質問項目
  2. 記入を終わった質問票は、医師などの実施者(またはその補助をする実施事務従事者)が回収する
    この際、人事権を持つ従業員(社長・上司や人事部長など)が、記入・入力の終わった質問票の内容を見ることはできません。
  3. 回収した質問票を元に、医師などの実施者がストレスの程度を評価し、高ストレスで医師の面接指導が必要な者を選ぶ
    自覚症状が高い者、自覚症状が一定程度あり、ストレスの原因や周囲のサポートの状況が著しく悪い者を高ストレス者として選定します。
  4. ストレスチェックの結果(ストレスの程度の評価結果、高ストレスか否か、医師の面接指導が必要か否か)は、実施者から直接本人に通知される
    ストレスチェックの結果を会社は見ることはできません(人事権のない実施事務従事者を除く)。結果を入手するには、結果の通知後、本人の同意が必要です。
  5. ストレスチェックの結果は、医師などの実施者(またはその補助をする実施事務従事者)が保存する

結果を企業内の施錠できるキャビネットやサーバー内に保管することは可能です。
ただし、第三者や人事権のある者に閲覧されないよう、実施者(またはその補助をする実施事務従事者)が鍵やパスワードの管理をしなければなりません。

中小企業の場合、すべての流れを社内で完結させるのは難しく、外部委託している企業が多くなっています。

関連記事

ページ上部へ戻る